Whiz/Whiz i 合計10,000台突破!

業務用清掃ロボット世界No.1 AI除菌清掃ロボット Whiz i

Whiz/Whiz i 合計10,000台突破!

業務用自律清掃ロボット販売数 世界シェアNo.1 AI除菌清掃ロボット Whiz i

ロボット掃除機 Whiz i とは…
新型コロナウイルスも含む
徹底除菌が自動でできます。

Whiz i は、床清掃を目的とする自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーのロボット掃除機です。
清掃業界では、採用難や高年齢化により、厳しい人材不足という課題に直面しています。自動運転技術を活用し、
Whizが自律的に清掃を行うことで、人とロボットが協働し、社会的課題を解決していきます。

デジタルトランス
フォーメーションロボット
2分半でわかる、Whiz i アイリスエディション のすべて

ソフトバンクロボティクスの提供する「Whiz i」を、業界に合わせたオプション開発を可能にしたのが
「Whiz i アイリスエディション」です。

科学的に証明された
たしかな清掃技術

Whiz i吸塵率最大1.6倍向上!
清掃性能アップ
全面清掃によって隅々まで清掃。床には細菌やウイルス、隠れダストがいっぱい。全面清掃によって隅々まで清掃し、床面に残存しているホコリに付着している細菌やウイルスも除去します。
新型コロナウイルス
さらなる徹底除菌実現
ウイルスは、床面にもたくさんいる。Whizシリーズは、新型コロナウイルスの除去にも効果があることが実証されました。
”新型コロナウイルス量の削減を実証”
ソフトバンクロボティクスは、Whizシリーズによる新型コロナウイルス量の削減効果を調査するため、第三者環境評価を行いました。東京都江戸川区江戸川保健所の協力の下、新型コロナウイルス感染症軽症患者の受け入れを行っている施設で、認定特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会に実施いただきました。
Whizシリーズの清掃前後で、床面の細菌量は大幅に減少し、新型コロナウイルスもPCR検査でわずかに検出されたものの、同じく大幅に減少することが実証されました。この結果は人が歩くことで細菌やウイルスが飛散しやすい床面の清掃でWhizシリーズの効果が確認されたことになります。
徹底清掃による除菌
全面清掃によって隅々まで清掃。床には細菌やウイルス、隠れダストがいっぱい。全面清掃によって隅々まで清掃し、床面に残存しているホコリに付着している細菌やウイルスも除去します。
”「汚れ」を数値化し、清掃能力を科学的に検証”
ウイルスは人の目で見ることはできません。そのため、アフターコロナの施設清掃においては、見た目だけの綺麗さだけでなく、「綺麗であること」が科学的に数値で証明されることが求められるのではないでしょうか。
そこでソフトバンクロボティクスは、「アフターコロナの施設清掃基準=施設清掃のニュー・ノーマルの実現」を目指し、まず「汚さ」「綺麗さ」の数値化の方法を確立した上で、「Whizシリーズ」の清掃能力を科学的に検証しました。
空間浮遊菌量削減
空気中に存在する見えない浮遊菌の原因の多くは、清掃では取り切れない床の「隠れダスト」が空気中に舞う事によって発生します。「Whizシリーズ」による全面清掃で効率的に除去し、床を清潔に保つ事で、室内空間も清浄に保つことができることが分かりました。
※従来製品による実証実験結果

導入事例
月岡温泉 白玉の湯 華鳳 様

月岡温泉白玉の湯様では4台のWhizを活用し22万円分の作業を代替

導入経緯
(背景課題)
  • ・域内最大級の高級大型温泉旅館のため、清潔な環境維持は従来から課題だった
  • ・外部委託から自社雇用に切り替えて、改善や効率化に取り組める体制を整えた
  • ・現場でWhizを試用し、集塵性能運用に人手がかからない点を評価して導入
導入現場概要
運用開始時期 2020年2月〜現在
運用主体 自社
清掃時間帯 9~14時
導入台数/清掃頻度 4台/毎日
ロビー・客室廊下各2台
Whiz利用場所面積 [㎡] 共用階:1,500㎡ 
客室階:計1,400㎡
Whiz走行時間 [分] 約400分/日
導入効果・提供価値

スタッフを単純清掃から解放 ・広大な面積に対してムラのある清掃になりがちだった部分をWhizに任せた

細部の清掃に注力可能に ・大玄関・大浴場・喫煙所などお客様の高頻度接触箇所に注力

コスト管理に貢献 ・スタッフがWhizを前提に業務を工夫し、組織残業目標を達成

定量効果

人件費削減効果 22万円/月

共用部の清掃時間:従来9時間(4.5時間 *2名)

工数削減:約80%(※スタッフ実績)

9時間*80%=7.2時間/日

7.2時間*31日*時給1,000円=22.3万円

Whiz i アイリスエディション に関するお問い合わせ
まずはお気軽に
お問い合わせください!

ご質問などありましたらお気軽に
お問い合わせください。

メールでの問い合わせを
ご希望の方はこちら

FAXでのお問い合わせを
ご希望の方はこちら

03-6745-7441

「Whiz i アイリスエディション」の製品特長

かんたん清掃
使い方かんたん、すぐに設定できます。ルートを設定して、スタートボタンを押すだけ。
清掃ルートを作成(ティーチング)
1. スタート地点にホームロケーションコードを設置します。
2. 清掃したいルートを手押しでティーチングします。
清掃ルートを自動走行
2回目以降はスタートボタンを押すだけで記憶したルートを自律走行します。複数ルートの記憶も可能です。
優秀なAI
センサーが障害物を検知して常に変わり続ける環境に対応。
壁際まで清掃可能
障害物を回避
動作を検知し一時停止

複数のセンサーで走行ルート上の障害物や段差、人の動きを検知し、状況に応じた回避や一時停止を行います。

最高ランクの
清掃効率
コンパクトサイズでも1回の充電で約1,800㎡の清掃能力。

最大約3.6時間の長時間運転で約1,800㎡をカバー、更にバッテリー交換をすればより広い規模の清掃現場にも対応します。高精度のセンサーで壁際までしっかり清掃してくれます。

かんたん管理
専用ツール「Whiz connect」で現場から離れたところでも管理ができます。
お知らせブザーに通知
Whiz Connec

管理アプリケーションであるWhiz connectは、複数のWhizもかんたんに遠隔管理できます。
緊急停止時や走行不能時はお知らせブザーやアプリに通知します。

使い方が広がる!
便利な機能も

1

スマートルート作成

清掃エリアマップ作成時に、外周ルートを設定し、内側の清掃ルートを自動で生成することが可能です。ティーチングを短時間かつ簡単に行うことができます。(※10m×100mまでが上限)
  • 清掃エリアを囲むように手動で走行します。

  • AIでルートを作成し全面清掃します。

2

複数ルート選択

ホームロケーションごとに6ルート作成できますが、さらにそれを組み合わせる機能が登場。複数ルートを選択して、より効率的に自律清掃することが可能に。
3

タイマー機能

清掃開始の時間指定、自動稼働が可能です。
4

ダストセンサーによる通知機能

「Whiz i」には、床の汚染度を測定するダストセンサーが搭載されています。
今後、汚染度データをクラウド経由でお知らせする機能をご提供予定です。 (※提供開始時点の「Whiz i」では、ダストセンサーを使用することはできません。 本ダストセンサーを用いた機能は現在開発中で、将来的にOSをアップデートすることでご使用いただける予定です。)

注)製品の機能は予告なく変更する可能性があります。

Whiz i アイリスエディション の料金プラン

料金プラン

製品仕様

本体
サイズ
(ハンドル
収納時)
約470mm × 480mm × 661mm(全幅×全長×全高)
本体重量 約34kg(バッテリー内蔵)
清掃能力 約500m²/時間
連続稼働時間 約3.6時間(ノーマルモード)
約1.8時間(パワーモード)
集塵容積 6.3L(紙パック)
バッテリー リチウムイオンバッテリー
充電時間 約5時間
充電器電源 100-240V AC
安全機能 障害物検知(LiDARセンサー、3Dカメラ)
衝撃検知(センサー搭載バンパー)
異常検知・落下防止(段差センサー、車輪浮き検知センサー、異常時ブレーキ機能)
付属品 ブラシ、紙パック×10、充電器、電源ケーブル、お知らせブザー、マイクロファイバークロス、ホームロケーションコード×10、トレイ、ブレード、HEPAフィルター、バキュームモーターフィルター
Whiz Connect
(サポートポータル)
Whiz Connect ポータルでは、ロボット管理をはじめ、稼働実績閲覧など、さまざまなレポーティング機能を備えています。 また、取扱説明書などのドキュメント閲覧といったサポート情報も掲載しています。 詳しくはこちら

Whiz i アイリスエディション に関するお問い合わせ
まずはお気軽に
お問い合わせください!

ご質問などありましたらお気軽に
お問い合わせください。

メールでの問い合わせを
ご希望の方はこちら

FAXでのお問い合わせを
ご希望の方はこちら

03-6745-7441