学校・教育関係向け 阪急交通社の強み

コロナ禍における学校・教育関係の宿泊やイベント行事の実施は、感染症対策の徹底が大前提となりました。児童・生徒の人生において掛け替えの無い、思い出や経験・学びの機会が損なわれないように「安心・安全」な運営こそが、企画する旅行会社の使命となります。また多様な暮らし方に順応し、グローバルな人材育成が求められる昨今において「旅行」を通じた「新しい物事との出会い・気付き」「コミュニケーション」の場を与えられる立場にあることは大きな「社会的意義」がございます。当社では「旅」を通じた様々な場を提供できるように、長年の教育旅行の実施経験から積み上げた自治体や関連企業との信頼関係のもと、日々新しい企画を造成しております。withコロナの新時代に、未来の子どもたちに向けた、トータルサポートができるベストパートナーとして、阪急交通社は新たな付加価値を創造いたします。

阪急阪神東宝グループの総合力

阪急阪神東宝グループ(Hankyu Hanshin Toho Group)は、阪急阪神ホールディングス、エイチ・ツー・オー リテイリング、東宝を中心に構成される企業グループです。阪急交通社もグループ会社に属し、日々皆様のお役に立てるサービスを提供しています。

グループ会社数 1985団体
グループ従業員数 35,480
グループ売上高 15,000億円

※2021年3月31日現在

阪急阪神ホールディングスグループならでは多彩なコンテンツ

阪急交通社は、1948 年に阪急電鉄のITS(International Transportation Servise)として発足して以来、現在は阪急阪神ホールディングスの一員として人々の日々の暮らしを支え、彩ることにより、豊かなライフスタイルを提案する企業として、一躍を担っています。「旅行」を軸に一企業の枠を超え、グループでのシナジー効果発揮に取り組んでいます。

都市交通事業

グループ内の鉄道、バス、タクシーが連携して多彩な都市交通サービスを提供し、関西圏において一大ネットワークを形成

不動産事業

鉄道沿線を中心に良質な住宅、商業施設、オフィスを開発・運営

エンタテイメント
事業

阪神タイガース、阪神甲子園球場、宝塚歌劇など、高いブランド価値を持つ事業展開

情報・
通信事業

情報サービス事業、放送・通信事業で培った技術の活用を通して、社会の発展に貢献

旅行事業

豊富な品揃えの基幹ブランド「トラピックス」を中心に、会員誌、Web等の多彩なメディアを通じて販売展開

国際輸送事業

阪急阪神エクスプレスを中心とする高品質な物流サービスをグローバルに展開

ホテル事業

阪急阪神第一ホテルグループによる日本有数のホテルグループの運営とザリッツ・カールトン大阪の経営

学校・教育関係向け

知名度の高い関西圏だけでなく、日本全国を対象に営業を展開し、公私の小中高の修学旅行や、大学のゼミ合宿や海外語学留学、塾や教育関連法人の宿泊行事など、多種多様な教育機関のお取引実績を積んできました。お取引内容も「宿泊行事」に+αの体験や探求学習なども織り交ぜた内容や、「学び」を教える教育者向けの視察ツアーを企画するなど、時代のニーズに合わせ様々なサービス・ソリューション展開を図っています。

多様な
学校・教育機関との
お取引実績
公立・私立小学校/公立・私立中学校/公立・私立高校/ 専門学校/大学/学習塾/教育関連企業 など
実施内容(一例)
  • ■中学校の北陸修学旅行(340名)
  • ■高等学校の沖縄修学旅行(650名)
  • ■高等学校のハワイ修学旅行(300名)
  • ■高等学校の九州研修旅行(1,000名)
  • ■高等学校のヨーロッパ修学旅行(250名)
  • ■私立大学のアメリカ語学研修(50名)
  • ■学習塾の関西研修旅行(750名)
  • ■教育関連企業の関西視察旅行(350名)
  • ■先生方向けの海外・国内ファム(視察)ツアー
  • ■生徒向けの海外・国内(探究)スタディーツアー など

Copyright(C)2021 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD.
All rights reserved

toTop