CSR
CSR

人権の尊重
human rights

すべての人の人権を尊重し、差別のない社会の実現に努めています。

人権の尊重に関する取り組み

ふくろうポスター

CSRブック

  • SDGS
  • SDGS
  • SDGS
  • SDGS

当社は、阪急阪神ホールディングスグループで明文化されている「人権の尊重に関する基本理念」と「人権の尊重に関する基本方針」に則り、行動規範やコンプライアンスコードにおいて、人権の尊重に関するルールを定め、お客様はもちろん、取引先や当社グループ従業員を含め、すべての人の人権尊重に取り組んでいます。また、当社グループ会社や取引先における現代奴隷行為や人身取引の防止にも努めています。

阪急阪神ホールディングス 人権の尊重に関する基本理念·基本方針

阪急交通社 行動規範(抜粋)

個人の尊厳を守り働きやすい公正な職場を築きます

創造的で質の高いサービスをお客様に提供するためには、それを生み出す社員が常に自分の能力を充分に発揮できる環境が必要です。社員一人ひとりがお互いの人間性と個性を尊重し、活き活きと働くことのできる職場づくりを目指します。

阪急交通社 コンプライアンスコード(抜粋)

従業員との関係

●差別の禁止
性格、性別、年齢、身体的特徴のほか、出生、国籍、学歴、信条、宗教、人種、民族、知的・身体的障がい、病歴、趣味、社会的地位など、個人の形成するあらゆるものをそれぞれの個性として尊重し、認め合い、個人的特性に基づいた差別は行いません。
従業員一人ひとりの人権と人格を尊重し常に公平に処遇します。

●セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・モラルハラスメントへの対応
性的な発言、行為など異性が「苦痛」と感じるような言動などのセクシュアルハラスメントに抵触する行為は行いません。
また、その地位を利用して継続的に人格と尊厳を侵害するパワーハラスメントに抵触する行為も行いません。それ以外に、自分より劣位にある者に、精神的な苦痛を与えるようなモラルハラスメントに抵触する行為は行いません。

社会的存在として

●人権の尊重
お客様はもちろん、取引先や従業員も含め、すべての人権を尊重し、性別や年齢・国籍・宗教などの理由により、不当な差別を行いません。
差別のない社会の実現に向けて、企業の立場から積極的に取り組んでいきます。

page top