会社情報
Company Profile

社長メッセージ
Top Message

「常に変化を求め、
お客様の声に応える『旅』創出で、
社会に必要とされる企業を目指します。」

代表取締役社長 酒井 淳

「常に変化を求め、
お客様の声に応える『旅』創出で、
社会に必要とされる企業を目指します。」

阪急交通社は1948年2月、阪急電鉄株式会社の代理店部として航空代理店業務を開始して以来、募集型企画旅行の基幹ブランドであるトラピックスをはじめとしたパッケージツアーや個人旅行、法人団体旅行、修学旅行、訪日外国人旅行、業務渡航など、ご利用いただいたお客様からの多大なるご支持とお取引先様との良好な信頼関係の基盤を糧に、今日まで着実に成長し続けてまいりました。あらためまして、当社にご期待いただき、支えていただいているステークホルダーの皆様に感謝申し上げます。

さて、2020年は新型コロナウィルス感染症の拡大により、私ども旅行業界はもとより、多くの業種が未曾有の危機に見舞われました。今後は、「with コロナ」という新しい意識や価値観を受け入れていく必要があります。
そして「コロナ」は、あらゆる面で我々に「変化」を求めています。特にデジタル化はその象徴であり、その必要性や理解度は急速に高まっています。AIの実用化やキャッシュレス、ペーパーレス、環境・労働問題など、すべてが我々の生活や仕事に直接的に関わり、企業は率先してそれらの課題に取り組まなければなりません。逆に、我々に影響を及ぼす突発的な外的要因は、企業の成長戦略への大きな試練となることがあります。
そのような状況においても、阪急交通社が持続可能な企業であり続けるためには、当社自身が変化を続け、且つ、揺るぎのない骨太体質の形成が必要であると考えます。
常に一歩二歩先を見据え、旅行商品の企画力・提案力・対応力の研鑽をし、ご満足いただけるサービス提供のための品質の精度向上にも継続して注力します。
また、お客様やお取引様ならびに従業員、グループ各社間など、双方向による活発なコミュニケーションを図ることで、皆様とともに成長する企業でありたいと考えます。

従業員一同、たゆまない努力を惜しまず、常に変化を求め前進してまいります。
引き続き、これまでと変わらぬご支援とご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2021年4月1日
株式会社阪急交通社
代表取締役社長
酒井 淳

page top